2017年8月18日金曜日

[ネットランナー][Jinteki]トーキョー・ゴリン

ジンテキ:トーキョー・ゴリン


Deck Created with CardGameDB.com Android: Netrunner Deckbuilder

デッキ総数: (49)
ID:
1x ジンテキ:個人改革 (Core)

計画書: (8)
3x オボカタ・プロトコル (Blood and Water)
2x ニセイMk.II (Core)
1x 水の独占 (Free Mars)
2x 世界食料構想 (Data and Destiny) ■ ■

資財: (16)
2x 破損したドーム (Crimson Dust)
2x メランジュ採掘社 (Core)
3x PADキャンペーン (Core)
2x ジューンバグ計画 (Core)
3x 罠! (Core)
3x ジャクソン・ハワード (Opening Moves) ■ ■ ■
1x 黄埔開拓 (Blood and Water) ■■

アイス: (8)
3x カクゴ (Daedalus Complex)
3x ニューラル・カタナ (Core)
1x シンキロウ (Blood and Water)
1x エニグマ (Core)

任務: (10)
3x ヘッジファンド (Core)
3x 電磁神経汚染 (Core)
2x テンニンからの出荷 (Blood and Water)
1x “豆の木”使用料 (Core)
1x 偏向レポート(Free Mars) ■■■

強化: (7)
3x ベン・ムサシ (Earth's Scion)
1x カプリース・ニセイ (Double Time)
2x 追跡ウォーロイド (Blood and Water) ■■ ■■
1x サイバーデックス・ウィルス・スイート (Order and Chaos)

解説

前回の日本語カード限定大会で使用したデッキです。

テーマは東京五輪!
どのあたりが東京五輪なのかと言えば
ベン・ムサシ→五輪の書
破損したドーム→新国立競技場
PADキャンペーン→メダル製造用の廃スマホ供出作戦
偏向レポート→いつものD社
シンキロウ→開催とか夢幻なのでは……


後はご想像にお任せします。
さて、ゲーム的なお話に移っていきましょう。

目指すべきゲームプランは、
1、罠!とジューンバグ計画を中心に据えたシェルゲーム
2、オボカタプロトコル、カクゴ、ベン・ムサシを利用したフラットライン
の2種類です。

まぁ、あまり語るべき点は少ないんですが、
・ランナーはオボカタプロトコルを盗もうとすれば手札を5枚捨てることになるので、カクゴの後ろにインストールすると、非常に盗むのが困難になる。
・という前提を理解させた後に、罠!やジューンバグ計画をカクゴの後ろにインストールする事でランナーを揺さぶる。
・ランナーが罠!等を警戒してランしてこなければ、テンニンからの出荷を絡めて計画書をスコアする。
という動きを基本として、スコア勝ちかフラットライン勝ちを目指すわけです。


後は、影響度を使ってるカードの採用理由ですね。
クレジットソース
“豆の木”使用料:口座の吸い上げでクレジットが0になった場合の復帰速度を速めてくれるカード。軽軽に使わずに、手持ちのクレジットが尽きてしまった時のために残しておこう。
偏向レポート:終盤に引いてくるとめっちゃ強い。純粋にクレジット目的のカードだけど、序盤に手札に来てもおいしくないことがあるので1枚。

特定カード対策本部
追跡ウォーロイド:対データ漏洩逆流対策カード。R&Dのルートにインストールして、データ漏洩逆流は絶対に許さないという強い意思を示そう。

その他:強いから(

中でも、黄埔開拓は、追跡ウォーロイドと同様にデータ漏洩逆流対策になりうるカードではあるのですが、HQにある計画書をランナーがランに成功したタイミングで捨てることで、盗まれるのを防ぐって感じの使い方もできるカードです。
また、能力のコストとしてHQの計画書を捨てた場合、コストで捨てた計画書をそのままR&Dのボトムに送ることもできるので、計画書引きすぎ問題を解決してくれる一枚。
さらにテクニカルな使い方としては、ジャクソンハワードやシンキロウなどのR&Dをシャッフルする効果と組み合わせることで、使用済みになった強力なカードや罠!、あるいは捨てられてしまった対策札をR&Dに戻して引きなおす可能性を高める、なんてことも可能。
1ターンに1回しか使えない……といっても、自分のターンとランナーのターンで1回ずつ使えるので、超強力なカードだと感じています。
2枚にすればよかった……。

まぁ、そんな感じなわけだ。

アイスの枚数は少ないですが、罠!の存在やID能力のおかげで、ランナーは攻めにくいデッキ構成になっています。
初心者同士でやる場合は、1枚くらい財閥の忠誠を入れて開示対策をするといいかもですね。

ネットランナーらしい濃厚な読み合いを仕掛けたい人は、
このデッキを参考に自分のデッキを作ってみてもいいんじゃないでしょうか!

2017年8月10日木曜日

[ネットランナー][イベント]コミックマーケット92に参加しますよー

うー(明日はコミケですね)

う!(今回も一応参加しますよー。

金曜日 マ21A The Road to Hali


今回の新刊はゲムマが初出の、コアセットでよくある質問をまとめた感じの本。
コミケ終了後にダウンロード販売もする予定です。

というわけで、今回は、

新刊:Android: Netrunner Naze-NaNI Core Set (¥100)
既刊: Android: Netrunner  Learning the Core (¥300)


を少量持ち込む予定です。)

うー(ちなみに、ゲムマと比べて、コミケ人来ないから、早めに切り上がる予定です)

うう!(参加者の皆さんは、あついので、体調管理に気を配りつつ、がんばりましょう~)

2017年8月4日金曜日

[ネットランナー][大会]第4回アヤバネシティグリッドに参加してきました

先週末、7月29日に開催された、第4回アヤバネシティグリッドに参加してきましたー。

参加ってか、主催ですが。

今回は、日本語の出ているカード限定の大会ということで、カードプールを考えながら真面目にデッキを構築。

……するのが面倒だったので、エブリタイム安定してるコアセットジンテキとガブリエルのデッキを持ち込みました。



これとこれね。

詳細な解説はまた後日乗せると思いますが、ざっくり説明しておくと。

この環境は、ランナーはチャンピオンシップデッキのデータ漏洩逆流を使ったデッキが強い。
コーポは、オボカタプロトコルを得たジンテキが強い。

ということで、ランナーのチャンピオンシップデッキを意識したカード採用のジンテキデッキと、クレジットの苦しいジンテキのクレジットを吸い上げて殺せるクリミナルにしよう
という感じのデッキ選択。



というわけで、今回は7人もの参加者がいらっしゃってくれました!
やはり、日本語、少ないカードプールの需要もあるんだ……!

一回戦  不戦勝

ビギナーの方々には一回戦でも多く遊んでもらいたいという仏の意思が勝利をもたらす。
早めに終わった方々とVivaJava: The Coffee Game: The Dice Gameやってました。


二回戦  K-64氏 (ロス&コアセットウェイランド) ○○

ランナーサイドでは亀のアイスブレイカー強いなーと思いながら、ババ抜きを繰り返して勝ち。というか、アーチャーとかがレゾされたらきつかったので、長引かなくて助かった……。
コーポサイドでは、オボカタプロトコル盗めませんよねって思いながら、ランナーの体力を削りきってランをできなくさせて勝ち。


三回戦  ガソタム氏 (ヴァレンシア&コアセットウェイランド) ○○

コーポサイドでは、追跡ウォーロイドを黄埔開拓+シンキロウやジャクソンハワードで使いまわし、ダブついた計画書を黄埔開拓でR&Dのボトムに隠し、データ漏洩逆流を封殺。
ガソタム氏は、大会前にツイッターでマイクパフォーマンスをして煽ってきていたので、ご希望の通りに対策入りのデッキで逆にランナーのデッキを全て削りきりました(

ランナーサイドでは、計画書を引きすぎて死んでたガソタム氏を轢き殺しました((


というわけで、結果は全勝して優勝!

アヤバネシティグリッドになってから初優勝です!!
不戦勝含んでてもうれしいぞ!

第四回アヤバネシティグリッドのメタゲームブレークダウン




ちなみに、ガソタム氏のデッキとY.Kato氏のデッキはこんな感じだったようです。




そんな感じの第4回アヤバネシティグリッドでしたが、8月はJapan Netrunner Summit 2017もあるのでお休み。

日本語限定デッキの交流会もあるらしいから、今回のシティグリッドの結果なんかを参考にしてデッキを組んでみてはいかがでしょう?

2017年7月19日水曜日

[Cthulhu Wars]Cthulhu Wars Onslaught 3、はじまる

朗報だか悲報だかわかりませんが、Cthulhu Wars Onslaught 3のキックスターターが始まりました!!


コアセットの日本語版の発売も予定されている本作ですが、キックスターターでキックすることを考えている人向けの話をちょっと書こうかなと思います。


まず、日本語版でなく、キックスターターでキックするメリットは何かって話ですね。

メリット1:拡張セット
コアセットの日本語版の発売が予定されているとは書きましたが、拡張セットの日本語版は現在予定されておりません。
日本語版コアセットの売れ行き次第では拡張セットも……という希望はありますが、仮に発売が予定されてとしても、手に入るのはいつよ?って話です。
一応、キックスターターのOS3は、発送予定が2018年6月ってことにはなっており、そのへんの時期には手に入るんじゃないでしょうか。


メリット2:キックスターター限定オプション
ご存知の方はご存じな、キックスターターの目玉ですね。
集まったお金が増えれば増えるほど、限定グッズなんかが増えていきます。
コンポーネントが豪華になったり、いるんだかいらないんだかわからないフィギュアがもらえたり……。
今のところ、カッコいいクトゥルフ様オルタとかHPラヴクラフト御大のファーストプレーヤーマーカー用フィギュア(ゲーム内召喚可能)とかが解放されてますね。

メリット3:馬鹿でかい段ボールが届くというパフォーマンスがSNSでできる


逆に、デメリットは、キックスターター全般に付きまとうトラブル系だとか、全部英語だとか。
まぁ、販促にならないのでここでは詳細は省いちゃいます。


さて、というわけで、今回の本題、何が買えるの?って方のために、
今回のキックで購入できるモノを紹介していきます。


Cthulhu Wars Core Game $199
散々コアセットコアセットと書いていたのに、コアゲームだった件。
これがあればクトゥルフウォーズが遊べる、基本セットです。
持ってなければ即ポチ。
日本語版が予定されてるのはコレだけ。

Opener of the Way
Sleeper
Windwalker
Tcho-Tcho  各$50
前回のOS2までに追加された、追加の勢力セット。
Cthulhu Wars Core Gameには4勢力しかなかったのですが、これらの拡張セットを買うと、プレイ可能な勢力が増えます。つまりリプレイ性の向上が期待できるわけですね。
ついでに、コアゲームに付属のマップは3-5人用なので、これらの勢力拡張で5人プレイが可能になります。

Azathoth   $50
中立の邪神……つまり、早い者勝ちでだれでも召喚可能な邪神としてアザトゥース様が使用可能になる拡張セットです。
この拡張には、中立の神話生物(早い者勝ちで誰でも召喚可能な神話生物)3種と、中立の呪文書(早い者勝ちで獲得可能な呪文書)も付属しています。
特に、中立の呪文書はゲームの幅が広がる素晴らしい拡張ルールなので、イチオシの拡張セットです。

6-8 Player Earth Map  $20
コアゲームに入っていたマップの、6-8人用版。
繰り返すようですが、コアゲームには4勢力し入っていないため、追加の拡張勢力が必須です。

Cosmic Terrors  $25
中立の神話生物と同ランクの「Terror」という第4の種別のユニットを追加する拡張セット。
(つまり、神話生物を対象とする効果はTerrorには効かないっていうバトスピでよく見た光景を再現できる)

Elder Gate Pack   $50
味気ない厚紙製のゲートトークンが、カラフルな3Dゲートフィギュアに!
何を馬鹿げた……って思うかもしれませんが、ゲートが立体物になるとゲームの見栄えがさらによくなるんですよね……。
ゲートを支配する可能性のあるクリーチャー(後述のハイプリーストや、Black Goat団のDark Youngちゃんのこと)も乗れるようにデザインされててちょっと感動します。

High Priests  $15
各勢力にハイプリーストを配る拡張セット。
ハイプリーストは、1ターン目のアクションの選択肢としても魅力的なので、退屈なゲーム序盤に多様性を与えてくれる、良拡張セット。
安いのでついでに買うのをお勧めしたい逸品です。

Custom Dice Pack $15
ダイスを振る能力それぞれに専用ダイスを用意したぞー!
付属の6面ダイスで対応できていたのに、専用ダイスを用意する意味とは……
今回のアドオン中、最も注文しなくても問題ないセット筆頭

Master Rulebooks O3   $30
フルカラーの全拡張統合ハードカバー版ルールブック!お値段なんと30ドル!
ルールブックに3000円かかる修羅のゲームか、なんて心配してるあなたに朗報ですが、
とりあえずキックスターターで蹴ると1冊が無料でついてきます。(あと、デジタルデータは公式ページでダウンロード可能なはず)
これは、2冊目が物理的に欲しい人用のアドオンです。

Core Game Translation Packs   $25
Core Game + Original Expansions Translation Packs $100
言語依存のコンポーネントの翻訳版だけ買おうぜコース!
これさえ頼めば日本語版に……なりません。
対応しているのはドイツ語とフランス語。
この日本語のブログを読んでいるドイツ・フランスの方は是非。


と、ここまでが前回までの拡張セット。
以下は、今回の新作の紹介です。

The Ancients $50
おそらく、今回の目玉。
9番目となる追加の勢力拡張セットですね。
Yothan(ヨシャン?)なる地下世界の赤く輝く「ヨス」の洞窟にいるらしい超巨大蛇人間の超科学教団ですかね?
アトミックパワードゾンビ、プラズマクリミナルとか素敵ワードが飛び交ってます。
世界感とは

Shaggai Map $40
ご存じシャッガイ星(大破)を征服しようみたいな追加マップセット。
ヘックスマップが魅力的。
今回のイロモノマップ枠

Masks of Nyarlathotep $40
ドキッ!ニャル様だらけの拡張セット。
膨れ女、ダークファラオ、暗黒の魔物が入ってるよ。
中立勢力って事なので、多分Azathothと同じような感じ。

Beyond the Time & Space $25
ティンダロスの猟犬とWampを収録した中立神話生物セット。
ティンダロスの猟犬は、クトゥルフウォーズの画集のアドオンで出てたやつの再録ですかね?

Alternate Faction Acolytes $50
各勢力のAcolyte(最初に配置する6体のカルティストフィギュア)を勢力ごとに別々のデザインにしようぜ!って拡張セット。
富豪向け。
(つまるところ、コンポーネントアップグレード系アドオンですが、フィギュアをよりカッコいいフィギュアにしようって言うコンセプト)

Dire Cthulhu   $25
ちょっとかっこよくなったデブクトゥルフのフィギュア。
コアゲームのフィギュアと取り換えて使ってもいいし、中立の邪神として扱うこともできる優れもの。

20 Battle Dice   $15(1色)
200 Battle Dice   $60(10色)
戦闘用ダイスを専用ダイスに取り換えよう!ってのは大昔にやったんで、今度は勢力毎に色も変えてみようってさ。
戦闘ダイスを専用にするとちょっとカッコいいのは事実ですが、ぶっちゃけなくてもいい枠。色も変えるのは、やり過ぎ。
追加ルールとかないので、本当にただの見ため装備品です。

Neutral Unit Identifier    $30
中立の邪神やら神話生物のフィギュアは灰色なんで、マップを見た時にぱっとわかりにくい!
各プレーヤーの手元にあるloyalty cardというものを確認すりゃあいいだけの話ですが、フィギュアの足元にカラフルなリングをつけて誰の勢力かを分かりやすくするためのもの。
中立ユニットが飛び交うゲームをより遊びやすくしてくれるのは確かですが、
中立ユニットをモリモリ採用したゲームをどれだけ遊ぶかによって需要は変わりそう。




今のところこんなもんですかね。
上記を踏まえて、自分の基本となるプレッジレベルとかを考えてみましょう。

詳しくは、キャンペーンページで確認してほしいんですが、

基本的に、
WampYothan:これまで蹴ってた人向けの新作詰め合わせ
Acolyte:コアゲーム持ってない人向け(勢力も好きなの1つ買ってな!)
Hound of Tindalos:コアゲームだけ持ってて、今回買える拡張片っ端から欲しい人
Great Old One:今回買えるやつ全部欲しい人(コアゲーム含む)
って感じですね。

これらの基本となるプレッジレベルに加えて、後付けでアドオンで好みの拡張を注文して調整してやれば、
今日からあなたも狂信者!


ちなみに個人的なお勧め拡張セットベスト3もここで紹介。

1位:勢力拡張全般……繰り返し遊ぶなら是非。
2位:Azathoth……中立の邪神、神話生物、呪文書と3種の追加ルールでコスパ高め。
3位:High Priests……面白さのボトルネックになってる(個人の感想)序盤を改善。初心者がいる場合でも、初回から導入を検討する拡張セット。

今回初めて蹴る人は、Acolyteレベル+アドオンで勢力拡張を財布が許す範囲で買うのがいいんじゃないかと思います。
富豪はGreat Old Oneをどうぞ。


大体こんな感じですかね。

ちなみに、基本的には言語依存のコンポーネントは、個人ボードとその上に配置する呪文書トークンだけなので、拡張だけ英語でコアゲームは日本語版みたいな感じでも不自由なく遊べると思います。
なんで、拡張だけキックするのもありかもですねー
コアゲームが発売されなかったら目も当てられませんが


というわけで、そろそろアドオンの種類も数が多くて分からないという人向けに、
今回のキャンペーンで蹴れるものを紹介してみました

……が、微妙な言い回しで勘のいい方はお気づきになられた方もおられるかと思いますが、
この他にも、中立邪神の拡張セットとか追加マップとかたくさん出てるんですよね……。
全部買い集めるとか息巻いてる富豪の方は、ピーターセンゲームズものぞいてみればいいんじゃないでしょうか……。


というわけで、Cthulhu Wars OS3も大成功で終わるといいですな~

2017年7月14日金曜日

[ネットランナー][大会] Japan Netrunner Summit 2017のお知らせ

日本語版拡張セットの発売も近づいてきて、多分盛り上がってきているネットランナー界隈!

今年も推定国内最大の非公式大会

Japan Netrunner Summit 2017

が開催されます!!

詳細は、上記のリンクから、主催のY.Kato氏のブログを見ていきたい感じですが、
要点をまとめると以下な感じですね。


日時:2017年8月27日
場所:サンパール荒川4F集会室1
時間:1230~


さて、気になる大会フォーマットですが、通常の全カード使用可能なトーナメント(通称、本戦)に加えて、
日本語版限定構築トーナメントも開催されます。
これは、日本語のカードのみ使用可能という、日本語版アンドロイド:ネットランナーに親しんでいる方に優しいフォーマットです。
ちょうど、今月末には、日本語版初の拡張セットも出るので、
興味が冷めないうちに、対戦相手を求めてやってきてみてはいかがでしょうか?


また、ティーチング、フリープレイ(デッキ貸出し有)もあるようなので、これからネットランナーを始めてみたいという方も是非参加を検討していただきたいところ。


というわけで、日本のネットランナー会で最も熱いイベント、Japan Netrunner Summit 2017の宣伝でした~。

2017年7月7日金曜日

[Netrunner][Anarch]MaxX: デンジャーゾーンv3

MaxX: デンジャーゾーンv3

Deck Created with CardGameDB.com Android: Netrunner Deckbuilder

Total Cards: (50)
Identity:
1x MaxX (Order and Chaos)

Event: (20)
3x Amped Up (Order and Chaos)
2x Deja Vu (Core)
1x Employee Strike (Data and Destiny)
1x Hacktivist Meeting (Breaker Bay)
1x Immolation Script (Chrome City)
3x Sure Gamble (Core)
2x Stimhack (Core)
1x Retrieval Run (Future Proof)
1x Rebirth (The Liberated Mind)
2x Day Job (Order and Chaos)
2x Levy AR Lab Access (Creation and Control) ■■■ ■■■
1x Mad Dash (Daedalus Complex)

Hardware: (5)
1x Archives Interface (Order and Chaos)
1x Brain Chip (Data and Destiny) ■■■
1x Severnius Stim Implant (Station One)
1x Brain Cage (Chrome City)
1x Chop Bot 3000 (Order and Chaos)

Program: (8)
1x Black Orchestra (Escalation)
1x Faust (The Underway) ★★★
1x MKUltra (Martial Law)
1x Medium (Core)
1x Paperclip (Blood Money)
3x Origami (Up and Over)

Resource: (17)
1x Armitage Codebusting (Core)
3x Clan Vengeance (Station One)
1x Dean Lister (Terminal Directive)
1x Human First (Order and Chaos)
1x The Shadow Net (Terminal Directive)
3x Stim Dealer (Order and Chaos)
1x Scrubber (A Study in Static)
2x Same Old Thing (Creation and Control)
3x Duggar's (First Contact)
1x Hades Shard (First Contact)

解説

じゃーん。綾羽さんの届けるデッキ、心行くまで楽しんでください(対戦相手は楽しめない)。

というわけで、久々のMaxXデッキです。


コンセプトは、Clan Vengeanceをうまく使おう。



やること自体はかなり簡単で、
1、Clan Vengeanceをインストールする
2、Stim Dealerでクリックを増やしつつ、ブレインダメージを稼ぐ
3、Duggar'sで10ドロー
4、余ってるクリックでAmped Up、ブレインダメージを稼ぐ
5、適当にStimhackなりMad Dashなりして、ダメージを稼ぐ
6、あ、ランに成功したけど、カウンターで爆殺されそうって感じたらClan Vengeanceで手札を捨てさせる。
以上!

10ドローとかいう雑なアクションは、癖になる強さですね!

そんなにブレインダメージ喰らって大丈夫かって疑問に感じる方もいるかと思いますが、
大丈夫です。
Origamiというカードが手札上限を最大+9してくれます

(Tips:それぞれのOrigami が「Origamiの数だけ手札上限を増やす」という効果を持っているぞ!)


Clan Vengeanceって、
ユニークカードじゃないから、何枚でもインストールできてね……
コンボデッキはClan Vengeanceが見えてるとコンボを決めれなくなるし、
任務で殺すタイプのフラットラインデッキも、止めを指す前に手札を捨てさせられちゃうからね……
普通にコントロール性能高いんだよね……。

あと、Hacktivist Meetingをプレイしてある状態だと、アイスじゃないカードのレゾに追加コストで手札破棄が加わるので、
Clan Vengeanceで手札を捨てさせるとレゾできなくなるぞ!

さて、あとは手なりで大体なんとでもなるデッキなんですが、Deja Vuというカードは、万能ヒープ回収カードなので、万が一に備えて手札に抱えておくのがお勧めです。
地味にSame Old ThingからDeja Vuを打つと、手札が増えるのも覚えておいて損はないかと。

ドロー力もかなり強いので、1枚積みのカードをたくさん用意してもデッキとしては回るのがいいところですね。
自分好みのチューニングをして使ってみよう!

2017年6月30日金曜日

[ネットランナー][大会]第4回アヤバネシティグリッド開催のお知らせ

前回は「夏だ!花火だ!ブレインダメージだ!」って煽りから始書き始めたんですが、
めっちゃブレインダメージを食らいまくりました……。
一日で20ブレインダメージ越えはしたんじゃないでしょうか……。

つまり、煽りには力がある。



さて、それはともかくとして、今月もやりますアヤバネシティグリッド!
今月のレギュレーションは……?

第4回アヤバネシティグリッド開催概要
内容:日本語版の存在するカード限定構築戦トーナメント
場所:ゲームスペース柏木
開催日:7月29日(土)
スケジュール:
  13時00分 受付開始
  13時30分 開始

  18時頃   解散

参加費:1000円
利用可能なカード:日本語カードの存在しているカード全て
(つまり、コアセット+レッドサンドサイクル+世界選手権デッキ2015に入っているカード)
(上記のカードであれば、カードの言語は問いません。)

NAPD MWL Version 1.2は適用されません。
また、エラッタ、FAQ等は、大会当日に有効になっているものはすべて適用されます。



というわけで、7月のアヤバネシティグリッドは、7/22に予定されている日本語版レッドサンドサイクル発売を記念して、日本語環境限定構築戦になります。
名付けてジンテキフォーマット


ちょっと悩みましたが、NAPD MWLは、未採用でエラッタのみ適用のという方針で行きます。
今後も似たような形式で大会をするようなら、その時に考え直す可能性はあります。


ちなみに、この大会は、8/27に行われるJapan Netrunner Summit 2017のサイドイベントのテストも兼ねてるので、
強いデッキや面白いデッキはガンガン使っていってください((



また、7/27には今回も恒例のウラバネシティグリッドが開催される予定なので、そちらもよろしくお願いします。